家族

装置が設置されている土地

家

すぐに発電を開始

太陽光発電とは、専用のパネルで太陽光を集め、それを使って電気を作り出すシステムです。太陽光は、石油やガスなどと異なり、無限に地上に降り注いでくるエネルギーです。つまりそれを利用する太陽光発電では、無限に電気を作り出すことができるわけです。昨今では、この太陽光発電に必要となるパネルや太陽電池などを設置した土地が分譲されるようになっています。太陽光発電を始めるためには、装置そのものの費用や設置費用などがかかります。しかしこれらがあらかじめ設置されている分譲型太陽光発電なら、設置工事をすることなくすぐに発電を開始できるのです。もちろん発電した電気は自身で使うことができますし、売電することも可能です。それによる利益で購入費用をまかなうことができるので、分譲型太陽光発電は注目を集めています。

事前のシミュレーション

分譲型太陽光発電は、太陽光を多く集めることができる場所に設置されているものを選ぶことが大事です。たとえば日当たりの良い山の斜面などですが、日当たりの悪い場所に設置した場合と比較すると、発電量に大きな差が生じるのです。また、発電量を維持するための定期的なメンテナンスも必要となっています。たとえば木の葉や鳥の糞などがパネルに付着していたのでは、十分に太陽光を集めることができないので、こまめに除去しておくことが肝心なのです。もちろん、消耗した部品の交換といった工事が必要となることもあります。そのため分譲型太陽光発電では、期待できる発電量やそれによる利益はもちろんですが、メンテナンスにかかる費用についてもシミュレーションをしておく必要があります。