家族

屋根の雨漏りを防ぎたい

家と傘

雨漏りの原因

雨漏りの原因として、台風や突風などにより屋根や外壁などに雨が染み込むすき間があいていることが考えられます。雨漏り修理では、雨が染み込んでいるすき間を防ぎますが、どこにすき間があるかの特定が必要になります。すき間を探すために屋根に上がらなくてはいけませんが、素人が上がるのはすべりますから危険です。雨漏り修理のプロに依頼しましょう。雨漏り修理のプロが屋根や外壁などにできているすき間を探して、そこを防ぐことで雨漏りを止めることができます。ただし、経年劣化で屋根全体が傷んでいる場合などは、修理費用が高くなります。その場合は、一部の雨漏り修理ではすまず、屋根ごと交換するような大きな工事になる可能性があります。

修理の方法

雨漏り修理は、長い間放置しておくと屋根や外壁などの経年劣化が進みますから、定期的に雨が降る前に修理を行うことが大切です。雨漏り修理の方法ですが、雨が染み込んでいる場所によっても異なります。基本的な雨漏り修理は、雨が染み込んでいるところを探してそのすき間を埋めることで、雨が浸入するのを防ぐことができます。ホームセンターなどに修理用具が売られていますから、応急処置をすることも可能です。修理のタイミングとしては、台風シーズンなどの前の晴れた日に行うことでしょう。また、排水口が詰まるなどの理由で、雨が排水口に流れることができずに家の中に浸入してしまう場合もあるようです。定期的に排水口の掃除をしておきましょう。